Blog / ブログ

2022.04.11
早春のパリ、ポスターの前で

早春のパリ、ポスターの前で
まだ肌寒いパリ、フィルハーモニーのホールの前。
公演「平均律クラヴィア曲集」のポスターと佐東利穂子。
このポスターがパリの街の各所にたくさん貼られているらしい。
こちらはマスク無しの暮らし、人々は明るく早春を呼吸しています。
勅使川原三郎 2022.4.11
 
IMG_6850

LINE
2022.03.24
『ペトルーシュカ』と共に

 
人間の中に隠されている悲劇を呼び込む力あるいは、
地球という自然が、人工的に作られた世界に変貌しつづけながら、
人間を受けいれてきました。
そこには無数の生と死による調べがありました。
人形という仮の生、いや仮の死を生き生きと人間に与えた喜劇は、
時として限界を超えた悲劇を楽しませもしてきました。
20世紀初頭に作られたバレエ『ペトルーシュカ』が、私なりの解釈と想像で、
普遍的悲劇と現在という普遍性から最も切り離されたかに映る像は、再演するに値すると私は考えます。
今、現在を生きる者として公演します。
多くの悲劇が生み出される、この人工世界へ哀悼を込めて、
いや、見知らぬ来るべき時間の住人(生命)への小さな戯れとして。
 
勅使川原三郎
 
1日目_ABE1738★@1.5xのコピー

LINE
2022.03.09
創作メモより
「ペトルーシュカ」について

「ペトルーシュカ」について
 
生命を持たない存在、人格の無い存在、
人形の形式をとってはいるが、それは生命の反転にすぎないと私は考えます。
楽しませてくれる道化人形は、同時に人格否定が根底にある。
その恐怖は、見えない世界や人形の戯れではなく、現実そのものでもある。
人形ペトルーシュカは死ぬ。人形が死ぬとはどういうことか。
愛を受け入れてもらえず、愛に敗れたペトルーシュカの死。
裏返せば死んだ人形は、人間として生まれ変わるのかもしれない。
不可能な愛こそ、真実の愛により近いのではないか。
絶望感こそが、打ちひしがれた者に力を与えるのではないか。
愛は終わらない。
音楽は決して終わらない。
終わってはならない。
 
勅使川原三郎
 

LINE
2022.01.19
「子供の情景」創作メモ

シューマン作曲「子供の情景」は、13の小曲によって構成された、全体が約18分ほどの曲です。
それぞれにタイトルが付いていて、音楽から内容が想像しやすい魅力的な組曲です。
ひとり孤独な雰囲気から快活に遊びまわる子供たちを思い浮かべます。どれも生き生きとした目つきや身体の動きを感じます。
子供の姿が見えるようですが、まるで大人が子供に戻ることもできます。
しかし私のダンス『子供の情景』は、思い出に浸るのではなく、今の「大人の情景」を問いかけます。
ノスタルジー(郷愁)ではない、生き生きしたダンスを作ります。
子供を表す時、背伸びする姿を想像します。大人も背伸びするだろうし、ぐったりとしゃがみこむ時もあるでしょう。
子供の心をもつ?
いや、大人も常に子供の心、純心な感覚で生きているはず。
しかし、いつもきれいでおだやか心の訳がない。激しい感情のぶつかり合いもあるし、自虐的にもなるだろう。
そういう葛藤を含めた「大人の情景」であり、それがダンス『子供の情景』なのです。
 
音楽は、原曲のピアノ演奏を基調に、他のシューマンの曲を少しとノイズ音楽を挿入して再構成します。
勅使川原三郎

LINE
2022.01.12
ヴェネツィア ヴィエンナーレ 金獅子賞
受賞についてのコメント

_ABE7206_trim

saburo_comments_アートボード 1

LINE
2022.01.07
創作メモより
「ハムレット」について

物語を演劇にする事は、まるで身体内の老廃物を排泄する行為のようだと思えることがある。
ハムレットはいかにも退屈で、語り手は死体嗜好翔症かのように死を多産する。死は日常茶飯事で、また、死がなければ話が終わらない。逆説のようだが、死体嗜好症の作家が扮する男の名をハムレットという、読まれなくては存在しない人間が、読まれる瞬間からおしゃべりする顔に焦点が合わない目つきは暗い宙空に漂う。
あなたが読む速度が地球の回転を速めたり遅くしたり。架空の死を多産する演劇、私にとってダンスは死から生へ向かう態度と言ってもいいのですが、つまり誕生という死の始まりからの夢を形にし瞬時に消し去りたいのです。はたしてハムレットという物、ハムレットという装置は、その反対いかに生を殺し、死を形作るかを企むのでしょうか?
私は率直に思考する。死を殺しつづける装置を作りたいと考えている。それは美しいと思えるのです。空想や夢ではない物として。
勅使川原三郎 

LINE
2022.01.05
ダンス作品「オフィーリア」について

屈折したハムレットという人物と物語が根底にあることは否定はしないが、オフィーリアを「ハムレット」という物語の引力から切り離して独立した孤独な一人の宇宙を表出させることを目指した。
死から生を見る目こそ、この作品が持つ特徴である。オフィーリア無しのハムレットは存在しないだろう。愛と死という古典的テーマを身が沈みゆく川水の中から、水面を通して仰ぎ見る空の彼方に届かぬ手先が、触れるハムレットの体温はすでに死体のものであるのか。
オフィーリアは色とりどりの色彩に包まれながら、死と生の間に全身を延ばされる。オフィーリア、無時間の死が踊る生。
勅使川原三郎

LINE
2022.01.01
新年の挨拶

A_20220101

1231_3_アートボード 1

05-04

4-03