Blog / ブログ

2017.04.15
2017年4月15日

メルマガ用580×330
メルマガ用580×330
961
956
本日は「パフューム」の8回目最終公演です。
この作品は以前にも紹介しましたように、
2014年初演以来の再再演で、
改訂を重ねて今回の内容になりました。
 
私は初演時のエッセンスを保ちながら、大胆に
そして細かい様々な展開にも工夫を施しました。
 
香るもの、呼吸するもの、付着するもの、、、
匂い香るとはどういうことでしょうか。
匂いの変容とも言えるでしょう。空気に肌に
体内に触れた瞬間からある匂いはひとつでは
なく、境界のない匂いの世界が広がりゆく。
ダンスが匂いのみに執着した作品を生んだこと
は過去なかったのではないでしょうか。
 
作品が可能になったのは、佐東利穂子の身体と
その身体が有する臭覚と身体から空気への浸透
力があればこそです。
つまり匂いが彼女になり彼女が匂いとして空気
に変身したといえます。
そう断言しますのは、今回の公演の初日から私
が目にして体験したものは演出を超える実態で
あったからです。
 
作品を構想し照明や音楽をデザインした演出家
にとって大きな喜びです。
彼女の才能がこの作品によって大きく成長した
ことは間違いありません。
これほどまでテーマを高度に表出した能力に私
は驚きました。
 
純度という価値が身体表現に適するなら、
私は佐東利穂子に最大限の賞賛を与えます。
彼女は、他に類を見ないほど、現在そして将来
にも重要なダンサーであると私は考えます。
 
精神と身体がこれほどまでに研ぎすまされ、
純度を感じさせる力は、鍛錬と研究によるもの
で、佐東利穂子はそれを率直に実行しました。
 
希有な才能は成長をつづけ純度を高めていく。
 
                     勅使川原三郎 
                      [メールマガジンNo.767より]

LINE
2017.04.09
2017年4月9日

941
942
943
944
 
今日はアップデートダンスno.44佐東利穂子のソロ
「パフューム」の3日目。
3年前の初演から時を経て再再演の初日、静かな輝きを放ちながら復
活しました。そして昨日の2日目は正にアップデートでした。
緩やかでありながら鮮烈に佐東利穂子の身体が、
ダンス - メタモルフォース - 変容しました。
「香水」というタイトルが表わすように香しき蒸気を湧き立たせる彼
女は、変身をつづけ、時に黒々と毒々しく発し、濃く色づいた果実の
香りを散布し蒸発させ彼女の外側をめくりは返し内側の裸体を露わにした。
「パフューム」は、シーンの数々、佐東利穂子の希有な揮発性の身体は、
内密に巡る溶液によって変容し踊りつづけます。
色彩豊かに匂い香る希有な美しいダンスが、
2017年春に荻窪で花咲いています。 
                     勅使川原三郎 
                      [メールマガジンNo.760より]

LINE
2017.04.08
2017年4月8日

メルマガ用580×330
4.8.6-01
   下写真:「パフューム」 / 2014年シアターX公演よりphoto by Kotaro Nemoto (STAFF TES)

 
昨日、アップデートダンスno.44「パフューム」の初日でした。
2014年にアパラタスで初演し、同年にシアターXで再演した
佐東利穂子のソロ作品です。
香水というタイトルが表わすように香しき蒸気を湧き立たせました。
春、外では桜をはじめ様々な花が群れをなして咲くこの季節、
荻窪のアパラタス地下2階ホールでは、色彩豊かに匂い香る
佐東利穂子が変身をつづけ、彼女の身体から時に黒々と毒々しく発し、
濃く色づいた果実の香りを散布し蒸発させ彼女を裸体にした。
これは様々な質感を特殊な溶液で時間と調合したダンス作品です。
この「パフューム」は、佐東利穂子を希有な揮発性の身体に
変容させました。彼女は内密にか細く巡る溶液によって動かされ、
自然界の無限の繰り返しを超低速度で身にまとっているかのようです。
予兆さえも記憶として逆流させる時間のメソッド、
重力を解放する呼吸、距離から一切の単位を奪い取った測量器、
上昇と下降が同時作動する踵、揮発性の身体が脈略もなく展開する
シーンの数々、佐東利穂子はいままでになかったダンスを踊りつづけます。
希有な美しいダンスが、2017年春に荻窪で花咲いています。 
                     勅使川原三郎 
                      [メールマガジンNo.759より]

LINE
2017.01.28
2017年1月27日

20170127-01
      写真:2014年「LINES」より 庄司紗矢香氏との共演 photo by Akiko Miyake

荻窪のアパラタスの「シェラザード」の8回公演を終えて、
すぐに成田を発ち、私と佐東利穂子は今パリです。
一昨日は2017〜18のパリオペラ座のプレスコンファレンス
(記者会見)がありオペラとバレエの創作やレパートリー作品の上演の
年間スケジュールを紹介する大きく重要な会見に同席しました。
来年からバレエ団の芸術監督に就任するオーレリ デュポン女史より
紹介されて私も壇上に上がりました。
私は創作を委託された10月に世界初演の創作について、
その趣旨や技術的なことを語りました。
パリオペラ座は重要な変革期にあると感じた会見でもありました。
私ができることを最大限発揮してオペラ座全体との協力体制を完全にして
臨みたいと思います。というのは私は振付の他、装置、照明、衣装、
ヘアメイクの全てを担当するものですから総勢何人になるでしょうか、
とても多くのスタッフと仕事をすることになります。
もちろんダンサーの選びから始まり、基礎段階のワークショップから
即興、そして構成振付という発展プロセスを進みます。
すでに昨日は一回目のワークショップを行い、今日は少し発展させて
ダンサーを一人ずつ見ようと思います。
これから様々な角度から創作のプロセスは積み上げられます。
ワークショップの前には、素晴らしいバイオリニストの庄司紗矢香さん
にお会いして、数日後にナントで共演する時の為の
ミーティングをしました。というか堅苦しいものではなくて
久しぶりに会ったのでお互いの近況や芸術について話しました。
ナントでは、バッハのパルティータの2番5曲を彼女が演奏して、
佐東利穂子と私が踊ります。
同時にシベリウスの協奏曲を演奏するというのですから驚きました。
芸術的にはもちろんですが、なんと言えばよいのでしょうか、
超人的な芸術家なのです。尊敬します。
いつか佐東利穂子と庄司さんの1対1の共演をみたいものです。
うむ、最高だろうな。
今からうきうきしてきて、いても立ってもいられず、
オペラ座(ガルニエ)でのワークショップの後、
私たちも少し時間をあけてもらい自分たちの為に練習しました。
今後、3月初旬まで予定がつまっていますので、
その都度様々な報告ができると思います。 
                     勅使川原三郎 
                      [メールマガジンNo.704より]

LINE
2017.01.10
2017年1月10日

888
890
889
年明けはやはりダンスで始まりました。今年もよろしくお願いします。
アップデートダンス #42「シェラサード」は、すでに全8回のうち
4回を終えました。今日はオフで、明日から後半の4回が始まります。
 
リムスキー コルサコフ作曲の音楽に徹底的に向き合い、
音楽と一体となり、音楽を吐き出すくらいの勢いで踊り、
音楽と共に昇華してしまうまで徹頭徹尾、音楽と身体、
音楽とダンスとが生み出す濃密な流れを追求しています。
印象になりさがる音楽には決してならず、バレエ音楽風な物語から
解放されなければならないダンスと音楽の関係を「厳密と自由」の
生命の有り方の探求であり、これこそ私が欲する芸術の
ひとつの有り方であると実感しています。現在進行形の生命こそ
ダンスの本位であると考えますが、音楽への尊敬は、そのまま
ダンスへの教訓でもあります。音楽に己の全てを託すところから
始まるこの仕事は、常なる実際の静けさや音の発生と同時に湧き上がる
沈黙と共に生き生きとダンスになります。
私と佐東利穂子は隙間を譲らず絡み合い、新たな時を紡ぎ、
新たな不可解を解放すべく「固定された場所」を「流動する空間」に
変質させ踊りつづけています。
 
年の初めにこの作品を公演する喜びを全身で感じています。
とてつもなく大きな抱えきれない明るさです。
これからもどうぞよろしくお願いします。 
                     勅使川原三郎 
                      [メールマガジンNo.690より]