Works / 活動紹介

アップデイトダンス
No.70 − No.66

No.70 「ゴドーを待ちながら」 
日程 2020年4月3日−6日(4回公演) 出演 勅使川原三郎 佐東利穂子
 
『ゴドーを待ちながら』
現代演劇を方向転回させた作家サミュエル ベケットの戯曲を
勅使川原三郎の一人語りにより再構成したダンス作品
欠乏感に満ちた言葉と身体の揮発性の時間的冒険
 
 
 
No.69 「トリスタンとイゾルデ」 
日程 2020年3月20日−28日(7回公演) 出演 勅使川原三郎 佐東利穂子
 
『トリスタンとイゾルデ』
リヒャルト ワーグナー作曲のオペラ「トリスタンとイゾルデ」原作のダンス
無限循環する「愛の死」の悲劇的陶酔、人間への水平線的郷愁
加速した「生と死の時」は大海へと流れてゆく。
 
 
No.68 「オフィーリア」シェイクスピア作「ハムレット」より恋人オフィーリアの死
日程 2020年2月3日−11日(8回公演) 出演 佐東利穂子 勅使川原三郎
 
『オフィーリア』
絶望の水底に沈んだオフィーリアが見る紫色の空
灰色の死者ハムレットは影を刺し死を殺す
水は天を移す 死んだ水のみが永遠の愛
 
 
 
No.67 「音楽の捧げもの」 
日程 2020年1月10日−18日(8回公演) 出演 勅使川原三郎 佐東利穂子
 
『音楽の捧げもの』
ヨハン セバスチャン バッハが多くの宗教曲の後に作ったこの曲に対して
特殊な趣きを感じます。綿密に構成されているのですが、
勝手な言を許されるなら、作曲家自身とある神々しいものとの対話のような
感じがします。私たちはまるで初対面の相手に挨拶するように謙虚に
音楽に向き合います。新年を迎えた感謝とともに。
 
 
 
No.66 「沈黙の木霊」
日程 2019年11月2日−5日(4回公演) 出演 勅使川原三郎 佐東利穂子 
 
『沈黙の木霊』
風が止み 静止する流れ 静かがやって来る
身体から湧き上がる沈黙 沈黙の間合い
沈黙の木霊 激烈な無
ギャラリー