Works / 活動紹介

アップデイトダンス
No.30 − No.26

No.30「青い目の男」原作ブルーノ シュルツ
日程 2016年1月16日-23日(7回公演)
出演 勅使川原三郎 佐東利穂子
 
『青い目の男』原作ブルーノ シュルツ
青い目の男は、宇宙の大いなる結びつきから抜け出さず、ケンタウロスのような
半人半獣となり、自然の大いなる周期に縛られ、未完成でいながら成長をつづける。
われわれはひとり残らず天性の夢想家である。ブルーノ シュルツ「夢の共和国」より
 
 
 
No.29「ダンスソナタ 幻想 シューベルト」
日程 2016年1月7日-12日(6回公演)
出演 勅使川原三郎 佐東利穂子
 
2016年、一年の初めのアップデートダンスは、ピアノソナタの演奏で踊ります。
作曲家と演奏家の精神を受け取り、学び、そして自分たちの進む道を確かめるために。
音楽が与えてくれるものへ我々はお返しをするつもりで踊りたいと思います。
そして皆様への挨拶として、良い年でありますように。
 
 
 
No.28「ペレアスとメリザンドⅡ」
日程 2015年11月24日-30日(8回公演)
出演 佐東利穂子
 
『ペレアスとメリザンドⅡ』
勅使川原三郎が、ドビュッシー作曲のオペラ「ペレアスとメリザンド」
(原作:メーテルリンク)を基に創作する佐東利穂子の創作ダンス。
 
 
No.27「ハムレット」死を殺す身体詩
日程 2015年10月2日-11日(8回公演)
出演 勅使川原三郎 佐東利穂子
 
『ハムレット』死を殺す身体詩
ハムレットは割れた鏡、冷徹と興奮の矛盾装置「王子」は灰色
から無限に変色する。
 
 
 
No.26「プラテーロと私 3」
日程 2015年8月17日-26日(8回公演)
出演 勅使川原三郎 佐東利穂子
 
『プラテーロと私』
スペインの詩人ヒメネスが、ロバのプラテーロと過ごした日々を描いた散文詩集
「プラテーロと私」。プラテーロの純粋さを通して、人間にとって大切なことは何か
をしみじみと語りかけてくる詩篇の中から勅使川原三郎が十数篇を選び、佐東利穂子
と共に朗読とダンスで綴る作品。
ギャラリー