Works / 活動紹介

ロスト・イン・ダンス
−抒情組曲−

演出・振付・照明・美術:勅使川原三郎
アーティスティック・コラボレーター:佐東利穂子
ダンス:勅使川原三郎・佐東利穂子
 
ヴァイオリン:松岡麻衣子・甲斐史子
ヴィオラ:般若佳子
チェロ:山澤 慧
 
舞台監督:八木清市(ニケステージワークス)
照明技術:清水裕樹(ハロ)
音響技術:三森啓弘(ミックスゾーン)
衣装製作:武田園子(ヴェロニク)
 
主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
   東京都/アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
企画制作:東京芸術劇場 KARAS
制作協力:BLUESHEET
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)| 独立行政法人日本芸術文化振興会
 
上演時間:60分
初演:2018年12月 東京芸術劇場 プレイハウス
ダンスに憑かれた佐東利穂子へのオマージュ
あなたは自分自身を失った 嘆く間も無く
ある種の無邪気な無意味さと
深くも軽やかでもある終わりなき感情と
質感の動きによって生まれつづけるダンス
あなたは今、もうすでにここに存在していないのだよ
あなたはまだ気がつかない でも
存在していないにも関わらずあなたは踊りつづける
あなたには誰も触れることができない あなた自身さえも
美のきわどさ、はかなさ、奇妙で恐ろしいはかない美である死は夢のよう
いくら死を夢見ても永遠に生き延びてしまいそうな恐怖を
あなたは予感してしまう
向こう岸にある世界へ
それは喜びの? 悲しみの?
 
勅使川原三郎