Works / 活動紹介

ハリー
小説「ソラリス」より

演出:勅使川原三郎
出演:佐東利穂子

照明技術:清水裕樹(ハロ)
照明技術助手:井口貴春(ハロ)
音響技術:三森啓弘(サウンドマン)
主催:KARAS
提携:シアターX(カイ)
上演時間:60分
初演:2015年7月10日 東京・両国 シアターX(カイ)

「ハリー」ノート
 
ソラリスが人間の脳に影響を与えている。
 
宇宙に存在する知能をもつ惑星ソラリスを探査するため送り
 
込まれた科学者のうちの心理学者クリスの前にある朝10年
 
前に争いで自殺した妻ハリーが自分の部屋に現れる。ハリー
 
は今もクリスを強く愛しているが、自分が実際には存在しな
 
い死人のコピーにすぎず、どんなに愛してもこの愛は意味が
 
無いと知る。激しく失望したハリーは何度も自殺を試みるが
 
死人は二度死ねない。愛が叶わないうえ死ぬこともできない。
 
不可能の愛、不可能の存在、、、終わりのない苦しみ、、、
 
                     勅使川原三郎
ギャラリー